モテる男

モテる豆知識-男のための恋愛学-

恋愛に役に立つ豆知識をお伝えしていきます。

駆け引きの引き際の見極め方について

読了までの目安時間:約 6分

 


悪魔の手引書のP.77に

【女性の気持ちを逆転させる方法】

という項目があります。



実は、僕自身、この項目を
理解できるようになったのは、
ある程度女性経験を積んでからのことでした。



やはり、駆け引きというのは、
実際に経験を積まないことには
分からないものですね。



引くタイミングが
イメージできないかと思います。



今日は、駆け引きの"引く"
タイミングについて、
僕の感覚をお伝えしていきます。



まず、経験が少ないうちは、
"引く"ことについては、
意識しなくて良いです。



上記でお話した通り、
経験がなければ、引き際なんて
分からないものですし、



駆け引きが必要な相手は
現状の自分でもスキル不足だと
お考え下さい。



ですから、まずは、
押しの一手で口説くことを
意識してください。



というよりも、
押して口説くアプローチの方法を
徹底して極めるようにしてください。



結局、押して口説くことが
上手にできなければ、
引いても効果はありません。



ですから、
押して口説くことに
徹するのですが、



僕の言う
"押して口説く"
というのは、



警戒されないように
受け入れてもらえる好意の
伝え方をするアプローチの方法



のことです。



これはどうやれば、
良いかというと、
簡単に言ってしまうと、



ユーモアを交えながら
好意を伝えていく



ということになります。



詳しく話すと、もっと
具体的にお話する必要があるのですが、



それはもう、心理誘導ではなく
会話術の分野のお話になりますので、
別の機会にお話しようと思います。



で、話を戻しますと、


ユーモアを交えながら
好意を伝えると


女性は基本的に
笑いながら話を聞いてくれます。



笑いながら、
聞いてくれるということは



好意を伝えても、
距離を置かれることは
ないということです。




そして、距離を置かれないからこそ
ユーモアを交えることで
何回も好意を伝えることができます。



何回も好意を伝えることで
女性も徐々に気持ちが傾いてくる。



という流れを意識した口説き方が、
ユーモアを交えた好意を
伝えるアプローチになります。



この方法だと、引くことを
意識する必要がありません。



というよりも、
女性の反応が良い時に
引いてしまうと



返って女性のほうが
冷めてしまうこともありますから
無駄に引いてはいけません。



ですが、この方法を
使っても引いたほうが
良い時があります。



それは、何度か好意を
伝えた時に、




女性の反応が
あまり前向きなものでは
なかった時です。



例えば、


「めちゃくちゃ、可愛いね。もう結婚してください」


と言った時に、
ノリが良い女性であれば、


「そうだね。しちゃう?笑」


という返事をしてくれます。



こういう場合は、どんどん
ユーモアを使った好意を伝えて行くべきです。



ですが、


「めちゃくちゃ、可愛いね。もう結婚してください」



「何言ってるの?笑 結婚とか、チャラい。笑」


というような場合は、
あまり前向きな返事では
ないことは分かりますよね。



一度だけだと判断しにくいのですが
2度3度とユーモアを交えた好意を
伝えて反応が微妙だった時は、



アプローチをするには
まだ早いということですので、



好意を伝えることをやめて、
一度、楽しませることに徹底してください。



このタイミングが、
引き際になります。




反応が微妙になったら
距離を置かれるんじゃないの?



って思われるかもしれませんが、
ユーモアで好意を伝えているので、



女性は冗談で
言ってるように捉えて
くれるので、



好意が重く伝わることはありません。



まあ、今日のお話は
どのみち、実際に実践してみないと
イメージが沸かない方法ですので、



駆け引きのやり方が分からない場合は
僕のお伝えした方法でアプローチを
してみてください。



押して引くを強く意識する
シュチュエーションというのは、



沢山の男から好意を独占したい
と考えている小悪魔な女性や



お金を貢いで欲しいと考えている
キャバ嬢を相手にしているような時です。




状況が限られますので、
普通の恋愛をする分には、
ほぼほぼ必要はなかったりします。



正しいアプローチの方法を
知っていればです^^

 

お役立ち情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材一覧

TOPへ戻る