モテる男

モテる豆知識-男のための恋愛学-

恋愛に役に立つ豆知識をお伝えしていきます。

バーナム効果を応用した占い師並に心の隙間に入り込む方法

読了までの目安時間:約 6分

 


本日は、占い師も
使っている誘導法について
お話しようと思います。



占い師と言われても
あまりピンとこないかもしれませんが、


以前、某女性芸人が自宅に
引きこもって、一緒に住んでいた占い師に


マインドコントロールされていた
という話がありましたよね。


占い師は職業柄、人の心に
入り込みやすいです。


悩みを話す相手と悩みを聞く相手という
関係を作りやすい環境にいるからです。



スピリチュアルな世界ですので
本物か偽物か中々区別のつかない
業界ですが、



一つだけハッキリしていることがあります。



それは、占い師は皆
人心掌握に長けているということです。



では、どうやって、占い師は
人の心を掴んでいるのか?


ということをこれから
お伝えします。



バーナム効果という
心理学の専門用語があります。



これは、誰にでも当てはまる事柄を
あいまいな表現を使い、さも
「この人なんで、私のこと分かるんだろ?」
と思ってしまう現象のことです。



簡単な例をあげると、占い師はよく、
血液型占いなどをしますよね。


血液型がA型の人は、綺麗好き

血液型がB型の人は、自己中心的

血液型がO型の人は、大雑把

血液型がAB型の人は、二面性がある




この性格診断を見て、
弄れた性格の人でない限り、
当たってると思うはずです。



でも実はこれ、人間なら誰でも
持ってる一面をあげているだけなんですね。


A型でも、全ての面において
綺麗好きというわけではなかったりします。



大雑把な一面も必ずあったり、
自己中心的に考えることだってあります。



また、血液型に関係なく、
人は誰でも二面性をもっているものです。



人には色々な一面があるわけですから、
色々な一面を切り離して、さも


「この血液型の人は、こういう性格だよ」


と言って、信じ込ませます。


そして、ただ血液型診断でも
一回、当たると人は
次も信じやすくなる傾向にあります。


占い師はこうやって信用を
勝ち取っているわけですが、
この技法は恋愛にも応用できます。


悪魔の手引書でも取り入れられています。



悪魔の手引書3のP32の項目が
まさにバーナム効果を
使ったテクニックになります。



このテクニックは、

・しっかりしている女性
・サバサバしている女性
・ハッキリものを言う女性

などに特に効果的です。



そして、ポイントは、
女性の印象と真逆の
印象を思い浮かべることです。


例えば、


「しっかりしてるけど、実は甘えたい願望あるでしょ^^
 しっかりものの、○○ちゃんも魅力的だけど、疲れた時は、
 僕の前だけ甘えてくれても全然迷惑じゃないよ」


というように言えば、一気に
ラブな雰囲気に持っていくことができます。



もちろん、
ある程度仲良くなっていないと

「大丈夫。笑」


と言われてしまいます。



さりげなく、甘えたと
言ってあげることで
女性も甘えやすくなります。



バーナム効果を使った会話法は
当てずっぽうのように感じるかもしれませんが
実は、心の奥をしっかりとついています。



例えば、友達がいっぱいいる人は、
人以上にさみしがり屋な傾向にあります。



だから、友達をいっぱい作るんです。



ですので、友達が多くて
明るそうな人には、


「実は、さみしがり屋なところあるでしょ^^ ふとした時、さみしそうな表情になってるよ」


と言ってあげることで、
女性は家で一人の時に、
連絡をくれるようになるかもしれません。



また、明るい女性は、
嫌われたくない気持ちが
人以上に強かったりもします。



ですので、

「笑顔じゃなくても、嫌いになったりしないよ」

ということが伝わると
突然甘えてきたりもします。



だれでも、自分の弱い一面は
人に見せたいとは思いません。



ですので、弱い自分を隠すために、
わざと強がっているんです。


真逆の印象というのは、
その弱い部分を見つけ、理解して
あげるということです。



このテクニックは、他の男とは
違うと思わせることもできますので、
日頃から使ってください。



真逆の印象を複数見つけて、その中から、
恋愛の進展に使えそうなものを選び、
女性がグッとくるような言葉に変えて使う。


です。



言葉で言うと難しそうですね^^;



でも、実践しているとコツが
掴めてくるのでやってみてくださいね。

 

心理誘導   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材一覧

TOPへ戻る