モテる男

モテる豆知識-男のための恋愛学-

恋愛に役に立つ豆知識をお伝えしていきます。

一貫性の原理を恋愛に応用する

読了までの目安時間:約 6分

 

今日は一貫性の原理を利用した
テクニックについてお話します。



一貫性の原理というのは、


自分の行動や発言、
態度、信念などに対して
一貫したものとたいという人の
心理のことです。



例えば、女性は
一度振った男と復縁する確率は
ものすごく低いです。



これは、自分から
別れを切り出しているためです。



人は自分の発言に反した行動は
しにくいんです。


自分の思念や行動に反した
発言はしにくいんです。



で、この一貫性の原理は
悪魔の手引書でも使われています。



このテクニックは女性に
一貫性を持たせて、無意識で
こちらの気をひかせる方法になります。



僕はこのテクニックを
職場の印象が悪い女性に使っていました。



最初は、風の噂で僕のことが
嫌いと言っていた女性でしたが、



1か月後には、
僕になぜか好印象を
持っていました。



その後男女の関係にまで
発展したのは言うまでもありません。






今日は、僕オリジナルの
一貫性の原理を利用した方法を
教えます。



それは、


・彼女っぽい行動をさせる

・男女の関係が進展しそうな会話の時は
 「〇〇したい」と言わせるように誘導する


です。




彼女っぽい行動をさせるのに
一番簡単なのは、


【甘えさせること】


です。



例えば、ある程度仲良くなったら、



「〇〇ちゃんも辛い時は俺に甘えていいんだよ。」



と言ってあげれば、
女性は甘えやすくなります。



他にも、


「さみしい時は言ってくれたら、俺飛んでいくよ」



と言ってくことで、さみしくなった時
連絡してくれたりします。




こうやって甘えやすくさせてみたり、
小さなお願いを
こまめにするのも良いです。



・トイレに行く時にかばんを持ってもらう
・小皿をとってもらう
・タバコを一本もらう



など。



甘えさせるという行動を何度もさせたり、
小さな要求を何度も受けいれてもらうことで、



一貫性の原理が働き、
あなたを好きになることに
前向きになろうとします。




これが一つ目の方法です。



この方法は、特に、
すんなり仲良くなることは
出来たけど、男を意識させるのが
難しい時に効きます。



例えば、よくしゃべる子って
いますよね。



会話は弾むけど、
いい雰囲気は中々作りにくいみたいな。



そういう時に、
彼女っぽい行動をさせると
ちょっと大人しくなりますよ^^




そして、二つ目の方法は、
女性に言わせる癖をつけることです。



詳しくは、特別特典の
【MENTALDOMINATION】のほうで
お話しているのですが、



例えば、女性をデートに誘う前に、


「今度デートしよ^^」


と誘うのではなく、一度、


「僕とデートぐらいだったらしても良いかなって思う?」

という風に聞いて、

「うん。一回デートしてみたい。」

という前向きな返事を聞いてから
デートに誘うと100%OKがもらえます。



この場合はもちろん、ある程度
女性が好意を持ってくれていることを
予想できている状況でないといけませんが。



他にも、デートの前日に、


「明日のデート楽しみだね^^」


と言うと女性からは大体、


「そうだね。楽しみだね^^」


という返事がきます。



こういう女性の気持ちを
確認する作業をこまめにやっておくと



女性の好意も分かるようになりますし、
あなたと男女の関係になる時も
積極的な気持ちになってもらいやすいです。



女性を一日でお持ち帰りをするのが男は、
女性の気持ちを言葉に出させることが上手です。


ですので、まずは
小さな部分からで良いので



女性の気持ちを確認することを
癖にしてみてください。



それができたら、ユーモアを使って

「俺のこと好きでしょ。」と言ってみたり、


「好きになってくれても全く迷惑じゃないよ」と
言ってみたり、


「酔った勢いで好きって言ってくれてもいいよ。笑」と
言ってみたり、



ユーモアを入れながら、好きと
言わせるようにすると良いです。



ノリの良い女性なら、好きと言ってくれます。



この時の"好き"には
女性の気持ちは
こもっていません。



ですが、一貫性の原理が
働きますので、繰り返し
好きと言わせることで、



あなたのことを徐々に
好きになろうとしてくれるんですね。



このテクニックは派手さは
ありませんが、後からボディーブローのように
効いてきますので、オススメです。




ぜひ、女性を口説く時間を
短縮したい場合は
覚えておいて損はないスキルです。

 

お役立ち情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

おススメ教材一覧

TOPへ戻る